二次会の景品を用意する

喜んでもらうために、二次会景品を考える。

食べ物

二次会の景品としては、一般的にブランド物や小物、
雑貨などが用いられてきました。


しかし、それだけでは盛り上がりに欠けるということもあり、
もっとサプライズ性のある景品を用意したいち考えている
人も少なくありません。

 

では、サプライズ性のあるものとしては何が考えられるのかというと、
食べ物がそれに当てはまるのではないでしょうか。

果汁の詰め合わせ
特に高級品のフルーツやお肉などであれば
それが当たった人にとても喜ばれますので、
とても二次会の景品としては
適している品物であると言えます。

 

しかし、二次会という長時間を要する場で食べ物を用意するのは
なかなか手間のかかることではないかと考えられます。

最近では衛生面に関する意識も厳しくなってきていますので、
景品として用意された食べ物の状況によっては
もらっても嬉しくないと思われてしまう可能性も
少なからずあります。

美味しい
そのような時はどのような工夫を行っても、口にするものを
保存するのが難しい場合があります。


しかし、果物やお肉などと交換のできるギフト券などで
代用することによって、長時間を要する二次会であっても
口にするものを景品として良いすることが可能になるでしょう。


せっかくなら写真付きの目録パネルなんかを渡す演出が
盛り上がるのではないでしょうか?


見栄えするパネルでもらえたら、帰りも荷物がかさばらず
また衛生面も安心できるのではないかと思います。